クラウド上で会議するならこれを選べ!WEBミーティングサービスサイトオススメTOP6

利用をするのであれば考えておく

thumbnailWEBミーティングサービスを利用するならきちんと比較することが大事です。ランキングを活用することによって、サービスの様々なことが分かるようになっています。ランキングは、様々な観点から見たことによって作成されていることからかなり参考になります。特に、pgiと会社のサービスはかなり人気があります。大手も利用しているサービスです。

トライアルも簡単に出来ます。初期費用も無料です。利用するべき価値がたくさんあるサービスです。専門的にサービスを提供していることが大事です。大手の企業も利用しているため、サービスの質はかなり高いと言えます。

実際に、pgiのサービスは利用している企業が増えているということにはコストを抑えていくことが出来るという部分があります。こうしたサービスを実際に利用していくことによって、社内業務もかなり効率的なものにすることが出来ます。

sMeeting(エスミーティング)

公式サイトはこちら

NTT docomoが提供しているsMeeting(エスミーティング)は、高品質な回線を利用しているので全国各地でWEBミーティングが快適に行えます。また実績も豊富なので、よりスムーズなサービスを提供しています。

またWEBミーティングには欠かせないセキュリティにも定評があり、情報の漏洩など気になるポイントにも十分なノウハウで対応しています。またモバイル機器からの利用も可能で、より幅広い参加が可能になってなります。

回線を利用したWEBミーティングでは鮮明な音声が重要です。docomoでは高品質な回線が提供できる上にリーズナブルな利用料が大きな魅力になっています。また同時接続により、自由度の高いサービスが提供されます。

日立ハイテクソリューションズ

公式サイトはこちら

インターネットサービスの進化と進歩は、私たちの想像以上の速度で進んできています。つい数年前までとは大きく変わっていることはこの分野においては常識であり、もっとも新しいものがもっとも優れていることとなっています。

それはテレビ会議・WEBミーティングにおいても同様になっています。高画質・高音質はもちろんのこと、使い勝手やコストパフォーマンスなどあらゆる点で最新のものが優れています。そんなWEBミーティングサービスを提供している企業のひつとが、日立ハイテクソリューションズです。

日立ハイテクソリューションズにおいてもクオリティの高いサービスを提供しています。その中でも多くのサービスを提供しているのが同社の特徴になります。それぞれの強みに特化したサービスを提供していますので、自社の求めているプランなどを明確にすることで探しているプランなども見つけることができます。

ブラザー

公式サイトはこちら

今日のビジネスシーンにおいては、急速にグローバル化が進んできています。そしてこの流れが今後も加速していくことが予測されてきており、これに対応していくことが企業規模の大小にかかわらず急務となってきています。

とくに世界中で起こっている事象に対処できるように、スムーズな意思疎通は欠かせない要素になってきています。それを実現するために多くの企業や事業所などが注目しているのが、WEBミーティングシステムになります。

インターネットを介して行うWEBミーティングならパソコンやタブレットなどの端末があれば、いつでもどこからでも会議に参加することができます。またブラザーなどのように初期費用などのコストを大幅に削減しているなど、それぞれに特色をだしていますのでネットなどで比較・検討することをお勧めします。

NRIネットコム

公式サイトはこちら

日本における経済活動が低迷してきている状況は、これからも続いていくことでしょう。そのために多くの企業や事業所においては経費の節減やビジネス運営の効率化に取り組んできています。それにより強い企業体質を目指しています。

そんな流れの中で注目されているのが、インターネットシステムをビジネス運営の中心に据えることになります。それによりコストの削減を行うことが出来る上に、よりスピーディにビジネス運営を行うことが出来るようになってきます。

インターネットサービスの活用の中でもとくに注目されてきているのが、WEBミーティングやWEB会議システムになります。現在においては多くのサービスが提供されてきており、それぞれに特徴があります。NRIネットコムのモバイルに特化したシステムなどそれぞれに特色あるサービスを提供していますので、自社の目的に合ったシステムを導入することをお勧めします。

ブイキューブ

公式サイトはこちら

WEBミーティングは、昨今多くの企業で採用されている重要なツールです。このランキングではWEB会議で基本的なポイントなどをまとめ、ランキング化しました。人気の高い会社を網羅していますので、参考にして下さい。

ブイキューブは、WEBミーティングを扱う会社の中でも10年連続でシェア一位に輝くなど豊富な実績を持った会社です。ツールも豊富でサポート体制も十分に整っていることから、利用者も多いことで知られています。

ブイキューブなら、最新のWEBミーティングツールを利用することができます。どのようなソリューションを必要とするかで、相談にも乗ってくれますので安心して使える会社です。

LiveOn

公式サイトはこちら

インターネットサービスが登場して広く一般の人達が使えるようになってから、私たちの生活は大きく変化してきました。世界中にすぐに繋がることが出来る為に距離や地方などのハンデはもはやなくなりましたし、タイムリーに事象に対処することが出来るようになってきました。その結果、グローバル化は急速に進行してきていますし、変化の速度も驚くほどの速さで進行してきています。

とくにこの傾向はビジネスシーンにおいて顕著になってきています。インターネットをビジネスシーンに活用することで、情報の共有化をスムーズに行うことが出来ますし、世界中のビジネスチャンスをタイムリーにとらえることができます。

また最近においてはインターネットサービスを活用することで、コストの削減にも大きく貢献してくれます。たとえばLiveOnなどのような企業が提供しているWEBミーティングサービスやWEB会議を活用することで、コスト削減にも大きな効果を期待することが出来ます。

どんなシチュエーションで使えばいい?WEBミーティングの使い方

インターネット上のWEBを活用して、遠隔地にいる相手とコミュニケーションを図るシステムがWEBミーティングです。
従来の会議やミーティングのように、全員が一カ所に集まる必要がないため、交通費や移動時間が削減されて業務効率が大きくアップします。同様のメリットは、テレビ会議を取り入れたケースでも考えられます。けれども、テレビ会議は専用回線の設置に加えて専用の端末も揃えなければならず、高額な初期費用が必要です。
さらに、利用可能な場所が限られてしまい、複数の拠点で使用するのが難しくなるというデメリットもあります。

インターネット環境さえ整っていれば、「誰とでも・どこででも」開催できるのがWEBミーティングの強みです。
メンバーはPCやタブレット端末などを用いて参加しますので、一定の場所に集合する必要はなく、いつでも手軽に開始することができます。
また、資料やデータ、ソフトウェア等を共有することで、音声や映像・チャットなどでコミュニケーションを取りながら、活発なミーティング進めていくことが可能です。使い方次第では、日本国内はもとより、海外のクライアントや関係者とも密接に連携できる有効なツールとなるため、大きな期待を集めています。 
たとえば、グローバルな事業展開を行う企業の場合、通常の会議を頻繁に開催するには、膨大な経費とタイムロスが生じてしまいます。そこで、WEBミーティングのシステムを導入すれば、はるか遠くの相手とも容易に意思疎通を行うことができ、ビジネスチャンスが拡大していきます。

WEBミーティングが活用されるシチュエーションとしては、実にさまざまなシーンが想定されます。社内外の会議・ミーティング、社内研修はもちろんですが、既存顧客のフォローや新規クライアントの開拓を目的とする、オンラインセミナーやイベント等のマーケティング活動にも効果的です。
また、企業とユーザーをつなぐ重要なポジションともいえる、カスタマーサポートでの利用も注目を集めています。これまでの電話やメールだけでは難しかった商品説明が、画面上でデータを共有したり、映像でリアルタイムに操作したりすることで、より分かりやすいサポートが実現されました。
広大なネットワークで、きめ細かなサービスが提供できるWEBミーティングは、官公庁や教育機関でも順次利用がスタートしています。システムのメリットが十分に理解され、活用するサイクルが確立されていけば、今後もさらなる可能性が期待できることでしょう。

カテゴリー